サッカー界の「破られないであろう14の記録」!の動画を集めました

サッカーサッカー

英国のメディアが、サッカー界の「破られないであろう14の記録」という刺激的なタイトルの記録を発表したそうです! なんか、そういう風に言われると「え?どんなシーンだったの?」と気になってしまいます。

んで、いろいろ探してみました。せっかく調べたので、他にも探している人がいたら見やすいようにとまとめてみました。もしよかったら、どうぞ!^^

最長距離ゴール/アスミル・ベゴヴィッチ(91.9メートル)

案の上ですが、クリアボールがそのままゴールしてしまうという不幸なケースでした。ゴールキーパーが蹴ったなかでは、一番後方からだったということでしょう。この試合は、2014年に行われたものだそうです。

ヘディング最長ゴール/ジョン・サムエルソン(59.13メートル)

知っている人は知っているかもしれませんが、キャプテン翼の中国代表、肖 俊光の必殺シュート「反動蹴速迅砲」のヘディング版です。そう考えると面白いかもですね。

最多レッドカード/クライポレ対ビクトリアーノ・アリナス(36枚)


解説が現地の言葉なので全然わかんないです。雰囲気だけ見てもらえればと思います。(汗

最年長プレーヤー/イサーク・ハイク(73歳95日)

こちら、残念ながら動画を見つけることはできませんでした。ロイター通信にて記事がありましたので、そちらへのリンクを貼っておきます。ご興味のある方はどうぞ。 「イスラエル人が世界最古のプレーヤーになる」

シーズン最多ゴール/リオネル・メッシ(91点)


こちら91点分の動画のようです。素晴らしい編集ですね。でも、長いからほかのヤツ見てからのほうが無難です。さすがに15分とはいえ91点分見るのは根気がいります。(笑)

最長PK戦/KKパレス対シビックス(48回)

PK戦の世界最長記録としてですが、2005年アフリカのナミビアで行われたナミビアカップの1回戦の出来事とのことです。キッカーは延べ48人に及び、サドンデスの末シビックス24本目のPKが失敗し、17-16で決着がついたとのこと。さすがに動画はありませんでした。(見つけられませんでした。)

W杯最速ゴール/ハカン・シュクル(10.89秒)

2002年Fifaワールドカップ、「韓国 vs トルコ」の一戦です。まぁ、特にコメントはありません。(笑

最速ハットトリック/トミー・ロス(90秒)


こちら残念ながら実際の動画はありませんでした。それもそのはず、1964年の出来事とのこと。これはさすがに動画むりでしょう。代わりにですが、ゴンさん(中山雅史さん)は国際試合での最速記録となっていますのでこちらの動画を紹介したいと思います。2000年2月のブルネイ戦で、試合開始から3分15秒でのハットトリックです。

最速レッドカード/セルジュ・ジェウア(7秒)


画質が良いのを探したのですが、こちらが限界でした。交代して7秒でレッドカードとのこと。なんというか、リプレイだけみるとレッドまでいかなくても良いかと思ってしまいますが、当時の状況がわかならいのでなんとも言えません。

GKキャリア最多ゴール/ロジェリオ・セニ(131点)


超絶、意味不明ゴール集です。(笑) キーパーがこんなにたくさん決めるんですね。驚きです。フリーキックのコントロール力が至高の領域です。

W杯1試合最多セーブ/ティム・ハワード(16セーブ)


美麗で見やすい動画です。2014年ワールドカップの「アメリカ vs ベルギー」戦です。ティム・ハワードはアメリカ代表のゴールキーパーでした。

プレミアリーグの交代後最速ゴール/ニクラス・ベントナー(1.8秒)


なるほどこれなら1.8秒で点取れますね。。誰もが思ったでしょう。「ジャンプたっけぇ!」と。人ひとり飛び越えるくらい飛んでいるように見えます。すばらしい打点の高さに感服です。あー、近くで見たいですね。

プレミアリーグのアウェー最多得点勝利/サウサンプトン対レスター(0-9)


サウサンプトン時代の吉田麻也選手が出場したレスターとの一戦も記録になっているとのことです。ってことはこれ、負けてる方やんけ。汗

サッカーボールの最多同時ジャグリング/(5個)

こちらの動画は残念ながら探せませんでした。というか、ジャグリングなのでこれまでの記録とは違いサッカーの試合ではないようです。きっとすごい記録なんでしょうが、ちょっと種別が違うんじゃないかなーと思いました。

おわりに

さすがに全部は集められませんでしたが、それでも10以上の動画を見つけられました。楽しんでいただけたら、幸いです!!^^

コメント